ワーママイズム

小学5年生と3年生の子どもを持つワーママの生活

シェアサイクルを使ってみた 娘から言われた言葉

先日、帰宅途中に人身事故がありました。

乗り換えだったのですが、乗車する予定だった電車がしばらく動きそうにもありませんでした。

最寄り駅まであと2駅だったので、バスにしようか、しばらく待つかどうしようかな〜と思いながら、夫に連絡をしました。

そうしたら、シェアサイクルを使ったらいいよと、自転車の予約をして場所を教えてくれました。


f:id:y-kokoro:20220701173003j:image

頼りになる〜〜!!

夫は機転が利くので困ったときには頼りになります。

最近あちこちにシェアサイクルが設置されていますよね。夫はたまに利用するので、利用方法をよく知っています。

私はというと、これまで使う機会もこれといってなかったですし、使う機会があっても新しいものにすぐ手を出せないタイプ。例えば、モバイルSuicaだって、夫から教えてもらって使うようになったり。

ありがたいことに、昔から誰かしら周りに新しいものを早くから取り入れるタイプの人がいるので、頼ってしまいます。

 

初めて利用してみたのですが、便利ですね〜。電動ですし、2駅ならあっという間に帰宅できました!私は日頃ママチャリを使っているので、電動自転車は乗りなれていないのですが、快適ですね♪

最後は近くのシェアサイクル設置場所に返却。

出先や、片道自転車を使いたいときなど、ちょっと使いたいときには、駐輪場を使うのと同じくらいの金額で利用ができるので、移動手段の1つに入れておきたいな〜と思いました。

今回は、自転車の予約や使い方も夫任せだったので、初回に必要なアプリのダウンロード+会員登録をしておこうと思います。

ちなみに、自転車の貸し出しサービスは何社もやっていると思うのですが、近所に多いダイチャリを利用しました。

さて、猛暑が続いていますね。子ども部屋にはエアコンを設置していないので、私たちの寝室に子どもたちも一緒に寝ています。子どもたちの寝相が悪いので、最近夫は別の部屋に布団を敷いて寝ていました。けれど、部屋の冷房の効きが悪いというので、寝室に皆で寝れるように配置替えをしました。

すると、娘が、「パパとママは助け合っているんだね〜」と言いました。なんて良いことを口にしてくれるのでしょう!

もちろん、夫に対する不満はゼロではありません‼でも、私も助けられていることをもっと意識していきたいなと思いました。

 

 

 

 

 

今月2度目の大阪出張 食べたもの

先日、また大阪に仕事で行ってきました。

猛暑の中外を歩き回って汗だくです。
f:id:y-kokoro:20220628173844j:image

本来部長と2人で行く予定でしたが、週末から部長が体調を崩していて、私1人で行くことになりました。

仕事の負担はありますが、昼や帰りなど自由に行動できるメリットはあります。

いつもの昼食は、会社にはお弁当を持って行くし、リモートワークの日も簡単に食事を済ませる私ですが、出張となると出張手当もでることだし食べたいものを食べる気満々です。

らーめん香澄 

f:id:y-kokoro:20220628190849j:image

f:id:y-kokoro:20220628190946j:image

コシのある中太麺で、煮干しのスープも美味しいし、チャーシューもすごく美味しかった〜。

それに接客もとても感じが良くて気持ちが良い店でした。

 

そして、お土産はりくろーおじさんのチーズケーキ


f:id:y-kokoro:20220628192731j:image

f:id:y-kokoro:20220628192741j:image

お店は結構人が並んでいました。中身は写真撮り忘れました、、

美味しかったな〜。新食感な感じです。ふわふわでしっとりもしていて。下にレーズンが入っているのが良いアクセントになっています。

チーズケーキだけどプリンみたいな感じもするしカステラみたいな感じもするし〜。

大阪へ行くと大抵、551HORAI 豚まんを買って帰るのですが、りくろーおじさんのチーズケーキもリピートしそうです。

出張だと帰宅は遅くなるので、子どもたちの夕飯はパパが早めに帰宅して用意してくれます。といってもスーパーで何か買ってくる感じです。

やりたいように仕事をさせてもらってありがたいことです。

 

 

 

甘えさせてる?甘やかしてる?

子育ての目標は子どもの自立です。

子どもがそれこそ保育園の頃から、宣言しています。「あなたたちをママたちが育てるのは20歳までなんだよ。だから、大人になったら、この家から旅立たないといけないんだよ。」

娘は、「ママとは離れたくない!じゃあ、ママの隣に住むから!」と言っていました。

小さい子どもにそんなことを言うのは酷かもしれません。でも姉にその話をしたら、姉も同じように子どもたちが小さい頃からそう話していたそうです。

やはり同じ親に育てられた姉妹だ!

実家にいた頃、父は「親の責任20歳まで」と言っていました。子どもたちが、中学、高校生くらいだったような気もします。

私は3兄弟ですが、皆家を出て結婚しています。皆、父の言葉が擦り込まれていたから、自立しないとという気持ちは強かったんじゃないかなと思います。私は両親を尊敬していますし、姉も弟も大好きです。だから、3兄弟を育て上げた両親のやり方は引き継いでいることが多いと思う。

 

息子11才、娘8才。もう息子は半分きてしまったのだなぁと思うと、子育てって限られた時間だなとしみじみ思います。

限られた時間だと思うと、ただ時が流れてしまわないように、子育てにしっかり向き合いたいという気持ちになります。


f:id:y-kokoro:20220628185448j:image

どんどん1人でできることが増えてきて、こちらも成長に合わせた対応が必要になる。子離れできないママにならないように心の準備をしておきたいなと思う。

わがままや決めたことをやらない守らないなど、甘やかすことはしたくないけれど、甘えてくるのもあと数年?だと思うと子どもたちの甘えたいという気持ちには応えたい。

「ママ耳そうじして〜」

「ママおにぎりつくって〜」

「ママ背中かいて〜」

「ママミルクティーつくって〜」

「ママ遊ぼう〜」

「ママ一緒に寝よう〜」

 

ときに、甘えさせているんだか、甘やかしているんだかよく分からなくなりながら、今日もママやってます。

 

 

断捨離 一箇所でもやれば前進

毎日が目まぐるしく過ぎていきますね。

仕事でいつもより負荷がかかっているときにはやっぱりキャパオーバーになりやすい。

仕事が終わり急ぎ足で家に帰ると「お腹減ったーご飯何〜?」と子どもたちに急かされながらの食事づくり。それはそうです。19時近くもなれば私だってお腹はペコペコです。

ママはスケジュール管理に気を使います。

学校の保護者面談がある日はリモートワークにして時間調整しておかないとな〜とか、PTAがあるからこの週は週末出勤に調整してパパにも共有しておかないと〜とか、子どもたちの習い事の振り替え予約はどこに入れ込もう?とか、暑くなってきて娘が背中を痒がっているから皮膚科に連れて行ってあげた方がいいかな?とか、アイロンがけが溜まってるからやらないとな〜とか、学校のプリントに目を通せていないな〜、などなどママが管理しなければならないことってたくさんある。

元気なときは簡単にこなせることも、心が疲れていると、テトリスでパズルを処理仕切れなくなるのと同じような感覚になります。f:id:y-kokoro:20220628160735j:image

そんなときこそ、断捨離して物を少なくすると気持ちがすっきりします。

物が多いとそれだけで管理することが増えるし、物をしまいにくくなったり取り出しにくくなってきたりします。 断捨離すると、そんなプチストレスを解消することができるし、ちょっとした達成感も感じることができます。

そんなにたくさんの時間を割くわけではありません。気になっている箇所で、数分でできそうなところをやります。一箇所でもやれれば一歩前進です。

先日は、洗面所の下着やパジャマが入っているクローゼットを整理しました。まず一段やってみる。所要時間5分くらいかな。全部出して必要なものだけケースに入れる。

日頃全く丁寧な暮らしができていない私なので、気付くと子どもたちのパジャマがアレ、これ七分丈パジャマだっけ?のような状態。

サイズアウトしていたり、ヨレヨレになっているものを処分すると心が軽くなる。必要なものが必要な分だけあって、適度な空間が確保されると取り出しやすくなるし、気持ちにも余白ができるようです。

さぁ、気持ちに余白ができたら、また1つ1つできることをやっていこう!

 

健康診断 バリウム検査が嫌すぎる

週末に会社の健康診断を受診しました。


f:id:y-kokoro:20220628090548j:image

今は終わってとてもほっとしています。それくらい受けたくなかった。

なぜならバリウム検査があるから!

35歳以上は組み込まれるバリウム検査。全く慣れません。去年は嫌すぎてバリウム検査は外しました。

私はバリウムを飲む前の発泡剤を飲むのがとにかく嫌です。胃が急激に膨張してとても不快。その状態でバリウムを飲むのもしんどいし、検査台の上で指示通りに体を回転させたり台が動いたり、もうなんの拷問かと思います。

先輩は胃カメラにしているようで、麻酔をして寝ている間に全部終わったとのこと。胃カメラ胃カメラでなんだか怖いのですが、そんな病院もあるんですね!

来年は胃カメラを前向きに検討したいと思います。

健康診断結果も問題無いと良いな。

子どものファッションに親は関わる?

一昨日の夜、寝る前にいつものように子どもたちとおしゃべりをしていました。

娘と部屋をおしゃれにしたいね〜なんて話をしていて、私がパパは結構センスが良いよね〜というと、息子も娘も自分が1番センスがいいと言い張ります。子どもたちには根拠のない自信があります。

それで、小学5年生の息子と小学3年生の娘で翌日ファッション対決をすることになりました。なんでも競い合いたいようです。

息子なんて、いつもは全くファッションに興味がないのに自信があるとは意外でした。

息子のファッションにはたまに口を出してしまうことがあります。上下ベージュだったり、靴下を左右違うものを履いていたりすると、「変だよ」と言ってしまったり。

そうすると、「なんでそんなこと気にするの?」と言われます。人にどう見られるかなどは無頓着なようです。細かいことは気にしない息子のおおらかさは好きです。


f:id:y-kokoro:20220627113744j:image

翌日、何やら2人とも考えて服を着てきましたが、まぁ新しい服を買ったわけでもないので、いつもとそんなに変わらない格好で、勝負は引き分けにしました。本当に勝敗は決められなかった、、どんぐりの背比べ。

でも何か目覚めたのか、服を買ってなんて言ったことがない息子が、パンツが少ないから見に行きたいと言ってきました。

子どものファッションって、家によってどのくらい親が関わるか全く違いますよね。

小学3年生の娘のお友だちで、いつも可愛らしい大人びた格好をしている子がいますが、ママがいつも選んでいるようです。

我が家なんて保育園の頃から子どもたちが着たいものを着せていました、、、暑さ調節には関与していましたが。特に娘は、これどぉ?なんて私が聞いても「私はこれが着たい、ピンクは嫌い!」など4〜5歳でも好みははっきりしていました。

私が子どもたちの服を気にするのは、夫の両親とお出かけするときくらいですね。

夫の両親は見た目にこだわりがありますし、おしゃれなところに行くことも多いので、夫の両親が恥ずかしくない程度の格好をさせる方がいいかな忖度しています。それと、TPOによって着る服を変えることをなんとなく感じてもらえたらいいかなと思っています。

おしゃれな場所に行くときだけお義母さんが買って下さった洋服を子どもたちには推奨。あとは多少ダサくても、子どもたちの自由に今のところはさせています。

 

ディズニーランドのチケット 子ども半額

ディズニーランドのチケットを購入しました。

何年も行きたいな〜と思いながら行けていなかったディズニーランド。

正直熱狂的なファンというわけではありませんが、今からとても楽しみです♪


f:id:y-kokoro:20220625053530j:image

去年くらいから娘のやりたいことの1つにディズニーランドへ行くことが入っていました。

子どもの頃に家族で行ったディズニーランドは本当に楽しかった思い出なので、子どもたちにもそんな思い出をつくってあげたい!それに、お義母さんも以前久しぶりに行ってみたいわと言っていたので連れて行ってあげたい!

 

そんな中、夏にお子さま半額キャンペーンをやると聞いて、このタイミングで行くしかないと思い日程を決めました♪定価だと家族4人で行ったら結構な出費なのでありがたい〜

混みそうですよね〜

夏休み前に行くことにしました。

前回行ってからもう何年も経っているので、事前に情報を集めて楽しみたいです!

 

東京ディズニーリゾート・キッズサマーファン!キャンペーン 

期間は2022年6月27日(月)〜8月31日(水)

半額対象は、小人(幼児・小学生)の4〜11才。

対象パークは、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシー

販売は2022年6月22日(水)14:00から開始されています。