ワーママイズム

小学5年生と3年生の子どもを持つワーママの生活

ワーママ キャリアアップについて

私はアラフォーのワーママです。

小学4年生と2年生の子どもを育てながら、正社員(7時間勤務)で働いています。

うちの会社は、私が一人目を出産する少し前に制度が整い、出産後も仕事を続けることができています。

私は1人目を20代で出産しました。数人の先輩が制度を利用し、時短勤務で働いていましたが、今は辞めてしまっています。

その後、管理職の女性が3人、私よりも後に出産をしています。

5〜10歳年上の彼女達。

管理職の女性はただでさえ数えられるくらいしかいない。彼女たちは、育休後どのような働き方をされるのか気になっていました。

復帰されてから数年経ちますが、役職にはついておらず、ワーカーに徹しているような状態。

能力があっても時短勤務のうちは会社も彼女たちを活かしきれないんだなと残念です。

本人たちに話を聞いた訳ではないので、本人たちが今は仕事をセーブしたいだけかもしれませんが。

役職は下がっても資格は下がらないので、いつかは戻るのかもしれません。

会社で時短勤務を使っている女性の中で、私より先に出産した先輩たちは辞めてしまい、ロールモデルがない。

f:id:y-kokoro:20220323214711j:image

私は役職にはついていませんが、マネージャーに成り得る資格は持っています。

時短勤務の後輩が増えていく中、ロールモデルがないなんて嘆いてはいられない。

これからは、自分自身が背中を見せられるようになりたい。子育てしながらだって、仕事にも熱意を持って取り組めることを体現したい。